動画制作会社へ依頼!プロの業者だからクオリティ面で安心

プロへ動画制作を依頼するときに知っておきたいメリット

従業員

動画を制作するメリット

動画は映像や音楽によって目と耳にアプローチできるため、静止画の約2倍記憶に残りやすいです。また、3分程度の動画は紙媒体資料に換算すると12ページ分となり、圧倒的に情報量が多くなっています。文字では商品やサービスを表現しにくい、または伝えたいことが多い場合は動画を制作するのが得策です。
表現の幅が広がり、要望に合った映像を作れることも動画制作の魅力と言えるでしょう。実際に商品を使っている動画を制作すれば、リアルな情報を伝えることができます。動画は言葉を認識しにくい子供・高齢者・外国人でも情報を理解できる可能性が高く、さまざまな人にアピールできる特徴があります。
テレビCMと比較した場合、動画は圧倒的に費用が安いです。放映する場所・時間・期限を制限されないため、自由に制作及び放映できることが魅力となります。許可があれば動画広告・企業PR動画など、さまざまなシーンで活用できるのが動画を制作するメリットです。最近は社内報告やマニュアルも動画が使用されています。誰でも簡単に理解できる報告書やマニュアルとなるため、円滑に社内コミュニケーションを図ることができます。
このようにメリットが豊富な動画制作はSNSと連携しやすい、サイトの滞在時間が静止画の約14倍伸びるという特徴も存在します。動画をクリックすれば公式サイトや購入ページへアクセスできるので、購入率が格段にアップするのです。クリック数や視聴時間から、どれだけの宣伝効果を発揮したか測定しやすいこともメリットとして挙げられます。

動画制作は業者へ依頼

動画は専門的な知識や技術があれば自社で制作する方法があるものの、クオリティを重視するなら外部の制作会社へ依頼した方が良いでしょう。依頼者は面倒な手間がかからない分、信頼できる制作会社を探すことが大切です。また、担当者と実際に会えば、信頼性の高い制作会社を見つけることができます。優れた知識や技術が備わっていることは勿論ですが、動画制作において重要なポイントは依頼者の要望を叶えることです。丁寧にヒアリングしてくれる、ヒアリングした上で提案してくれる制作会社は質の良い動画を作ってくれる可能性が高いでしょう。依頼者と制作者、両方の意見を取り入れてくれるので要望に沿ったクオリティの高い作品に仕上がりやすいです。

合わせて読みたいコンテンツ

ビデオカメラ

動画制作を依頼するときに知っておきたい基礎知識

動画制作はインターネット上から業者へ簡単に申し込みできるようになっていますが、依頼する際には動画制作に必要な費用やその相場を把握した上で予算を計算しておく必要があります。さらに、業者に依頼する際には予算内でどこまでやってくれるのかを見積もりなどを利用して把握しておかなければいけませんし、見積もりのほかにも業者の実績や過去の作品や商品を見てクオリティに満足できるかどうかを調べておくのがよい業者を選ぶためのポイントとなります。

READ MORE
広告募集中